12月1日は、カイトボード プロショップ ナイスカイト 川路 直人様にご出演していただきました

思い出の一品は、

きらきらカイトボードきらきらでした。

 

カイトボードを始めて、鹿児島に来た時に、

こんなに素晴らしい環境はないと思い、

愛知県から鹿児島に来てお店を始めました。

 

お店をオープンして7年。

 

カイトボードに出会ったのは、今から20年くらい前でした。

テレビで見たり、ハワイで見たり。

自然を相手に海上を自由に走り回れて、

エキサイティングなところにひかれ、カイトボードを始めました。

 

思い出の一品の「カイトボード」は、

カイトボードを始めて1、2年経った時に、

オランダのプロ選手 ドゥーベンデンテン選手に憧れ、

ドゥーベンデンテン選手が、普段使っているカイトボードがどうしても欲しく、

海外から10カ月かけて取り寄せたものです。

 

「カイトボード」をがむしゃらにやっていた時の思い出の一品です。

 

鹿児島の海は、世界的に見てもカイトボードに適した最高の海が、

近くにたくさんあります。

もっともっと、たくさんの方々に「カイトボード」を知って頂きたいです。

 

 

 

 

スタジオ出演していただきました。

ありがとうございました笑顔


11月24日は、舞踊家 佳卓様にご出演していただきました。

 

準レギュラーの、佳卓さんがゲストにお越し下さり、

今年の佳卓さんの舞踊公演の報告をして下さいました。

 

第一部の、舞踊「ボレロ」では、

和と洋の古典的な要素を合わせ、且つ現代に親しめる舞台、

そして後世へも残せる舞台を創り上げられました。

 

また、第二部では、「不死鳥・美空ひばりを偲んで」と題し、

美空ひばりさんの曲にのせて、大きく華開く舞踊を見せて下さいました。

 

そんな佳卓さんが、

去年に続き、ディナーショーを開催します。

 

12/23(土)

ホテルレクストン鹿児島 2階 サルビアホール

 

 

特別なディナーと、

佳卓さんの舞踊と歌の世界で、

贅沢な時間を過ごされませんか?

 

当日、私、福元ゆみも司会でお手伝いさせて頂きます。

是非、会場でお会いしましょう!!

 

タキシード姿の佳卓さんも、素敵ですよね♪

 

 

 

※写真は、佳卓さんが鹿児島に帰ってこられたら必ず買って食べるという

「蜂楽饅頭♪」 アツアツをお土産で頂きました〜☆

 

 

 


11月17日は、Color Qualia 代表(ファッションコンサルタント、パーソナルスタイリスト)小霤 倫子様にご出演していただきました。

 

思い出の一品は、

kirakira茶器セットkirakiraでした。

 

20代の頃、青年海外協力隊でスポーツ枠のバレーボールで、

スリランカに3年間行くことになりました。

その時に母が持たせてくれたものです。

現地の方たちとのコミュニケーションがはかれるようにとの思いがあったようです。

結局、一度も使わずに帰国し、その後、何度も断捨離をするタイミングはあったのですが、

母親の思いが込められたものなので、今でも処分することなく持っています。

 

趣味:カフェ・ランチ巡り

 

 

 

スタジオ出演していただきました。

ありがとうございました笑顔


11月10日は、株式会社ATELIER M プロデューサー 池田 眞也様にご出演していただきました。

 

思い出の一品は、

きらきら(故)叔父さんの会社の襟章きらきらでした。

 

中学2年生の時、建築関係の仕事に興味を持ち始めました。

きっかけは、親戚の叔父さんが建築設計士で、

子供ながら、見ていてかっこよく、

いつか自分もかっこいい大人になりたいと思い、

建築士を志しました。

 

目標としていた叔父さんが亡くなった時、

会社の襟章を頂きました。

 

会社の、株式会社ATELIER Mの「M」は、

叔父さんの会社の頭文字です。

 

お客様の為であって、

自分自身も満足できる、

こだわりを持った、他にないものを提案できる

プロデューサーであり続けたいです。

 

自分が、叔父さんを目指してこれまで頑張ってきたように、

これから池田さんを見て、建築士になりたいと思いましたと言って下さる方が

できるよう、更に頑張っていきます!!

叔父さん、見ててください!!!

 

 

 

 

スタジオ出演していただきました。

ありがとうございました笑顔


11月3日は、サードメディスン・インストラクター 吉山 みと様にご出演していただきました。

 

思い出の一品は、

きらきら絵手紙用の落款きらきらでした。

 

 

中学生の時、絵手紙を趣味にしていた祖母が、私の分も取り寄せてくれたものです。

 

学生時代、何度か入院生活を送っていました。

退屈しのぎに、よく病院の窓から見える風景や、待合室の花などをスケッチして、

祖母に送っていました。

 

祖母から送られてくる絵手紙は、旬の野菜や果物を描いたものが多く、

メッセージは少なかったですが、お店で買ってくるポストカードとは違う趣がありました。

 

最近は手紙を書く機会が減ってしまい、出番がなくなっていましたが、

引越で荷物を整理していたら、道具箱の中から出てきました。

状態もよくまだまだ使えそうなので、これからまた活用していきたいです。

 

 

 

スタジオ出演していただきました。

ありがとうございました笑顔


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
  • 11月23日はパテックサプライ(株) 代表取締役 菊水博司 様にご出演していただきました。
    Asuka (11/11)
  • 12月14日は、有限会社 エヌ・コレクション 長渡誠一 様にご出演していただきました。
    tomato (12/09)
  • 10/13は(有)富川産業 富川 晋一様にご出演していただきました。
    冨川晋一 (11/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM